2017年4月15日土曜日

フクシマを思う21

吉祥寺チャリティライブ 
フクシマを思う21
「原発事故のほんとうの話 
賠償に明けくれてうつ病になった
元東電社員の告白」
【日時】
2017年5月27日(土)
14:00開演/1:30開場
【出演】
お話:一井唯史
演奏:Aeolian Duo(ギター&尺八)
朗読:金子あい
【場所】
武蔵野プレイス4Fフォーラム
東京都武蔵野市境南町2-3-181
(JR中央線・西武多摩川線「武蔵境駅」南口下車 徒歩8分)
【入場料】
大人2000円/大学生500円/高校生以下無料、全席自由 ※入場料の一部は「未来の福島こども基金」に寄付いたします。
【予約】
メール:fkomou@gmail.com
(お名前、ご連絡先、お申込み人数を明記して下さい)
【主催・問合せ】
フクシマを思う実行委員会  090-2474-7911(鎌内)

2017年3月末、福島県内の「避難指示解 除準備区域」と「居住制限区域」の避難指示が解除されました。それにより放射線管理区域並みに汚染されている場所にも帰る事ができるようになりました。 故郷が一歩近づいた反面、それは問題を残しながらの補償の打ち切りを意味し ます。一井唯史さんは東京電力で原発事故の企業賠償を担当し、過労のため体調を崩しうつ病を発症、労災申請しました。 補償業務の中で一井さんはどう対処してきたのか。うつ病との戦いの日々、そしてこれからのこと…いろいろな思いをかかえながら被災者とも交流している一井唯史さんを応援するためにもお話を伺います。心に沁みる詩の朗読と、演奏は久々の登場、尺八のブルース・ヒューバナーさんと ギターの諏訪光風さんによる爽やかなデュオをお楽しみ下さい。



2017年1月17日火曜日

フクシマを思う20

本年もよろしくお願いいたします。皆様にとって良い年になりますように。クラクラと目眩がするような世の中ですが、気をしっかり持って目をくわっと見開いてまいりまいと思います。

今日久しぶりにブログを開いて、昨夏から更新してないことに気づき唖然としております…あわわ。忙しかったとはいえ愛想なしなことで失礼いたしました。
Facebookページの方はちょこちょこ更新しておりますのでよろしければそちらもご覧ください。

フクシマを思うページ
平家物語〜語りと波紋音〜

さて、お知らせです!

吉祥寺チャリティライブ 
フクシマを思う20
「東日本大震災から六年 今、何ができるか」

【日時】2017年3月8日(水)
19:00開演/18:30開場
【出演】講演:澤地久枝(ノンフィクション作家)/演奏:大石 修(チェロ)/朗読:金子あい(俳優)
【場所】吉祥寺光専寺本堂
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-21
(JR中央線吉祥寺駅中央口下車 徒歩8分)
【入場料】大人2000円/大学生500円/高校生以下無料、全席自由
※入場料の一部は「未来の福島こども基金」に寄付いたします。
【予約】メール fkomou@gmail.com/Fax.0422-55-7351
(お名前、ご連絡先、お申込み人数を明記して下さい)
【主催・問合せ】
フクシマを思う実行委員会  090-2474-7911(鎌内)

2011年3月11日の東京電力福島第一原発事故から丸6年。混迷するこの国。年間20㎜Sv以下で住民を強制的に福島へ帰還させようとし、原発避難者へのいじめが横行し、福島第一原発の現場では収束作業のため作業員が日々被曝し続けている…。「フクシマを思う」第1回目にご参加下さった澤地久枝さんは「これから私たちは福島とともに生きましょう」と仰いました。その言葉を肝に銘じ、この会を続けています。私たちはこの6年何をしてきたか、そして、今、何ができるか…先の見えない道程の導として、澤地さんにじっくりお話を伺いたいと思います。そして、心に響く朗読と、日本フィルハーモニー交響楽団団友でチェリストの大石修さんの円熟した演奏をお楽しみ下さい。
皆さまのご参加をお待ちしております!